わきが治療は何科の病院に行くべき?わきがの手術とクリニック※

わきがの手術とクリニック

わきがは何科の病院やクリニックで診療すべき?

わきがの治療をする場合には、やはり専門医に相談することが一番です。でも、わきがは一体どこの診療科で診てもらったら良いのでしょう?

それは、皮膚科、形成外科、美容外科などです。

わきがは治し方によって診てもらう病院やクリニックが違ってきます。
薬やデオドラント、体質改善といった保守的治療なのか?それとも思い切って手術で治すのか?その治療方法により、どの診療科に行くべきなのかが変わってきます。

また、手術の場合はいろんな施術方法がありますし保険適用の問題もあります。ですから、どこでも良いという訳にはいきません。手術ができて保険適用があり、さらに信頼のあるクリニックを選ばなければなりません。

そこでこのページでは、ワキガ治療に関する診療科について詳しく紹介していきたいと思います。

わきが治療は何科の病院?

「わきが」というと、まず思い浮かぶのが皮膚科ではないでしょうか。でも、腋臭症を扱う診療科は意外とたくさんあるのです。

それは、皮膚科、形成外科、美容外科などです。どれも似たような名称なので、どんな内容なのか分かりづらいですよね。

それでは、それぞれの違いや内容を詳しく説明していきましょう。

皮膚科

皮膚科では、薬などによる保守的治療を主として手術はあまり勧めない傾向にあります。
保守的治療とは塗り薬や飲み薬で治すもので、自宅で自分でケアするようになります。

皮膚科での診察は、まずワキガかどうか判断するところから始まります。
医師が耳垢の状態をみたり、脇の下をガーゼで拭いて臭いレベルを確認したりします。
処方される塗り薬は塩化アルミニウムを主成分としたもので制汗効果があり、これにより臭いの発生を抑えます。
また、殺菌効果の高い薬用石鹸を渡されて、原因菌を除去するケアを自宅でするようにも薦められます。

皮膚科は滅多に手術を行わないので、初めて医師に相談する方やお子様など不安を抱えている方にお勧めです。
とりあえずは医師に相談するだけでも気分的に楽になりますし、切らなくてもいいという安心感があります。

「腋臭かどうか知りたい」、「とりあえず薬で治したい」という方は、まずは皮膚科に相談してみましょう。

形成外科

ほとんどの形成外科で腋臭症の治療や手術を行なっています。
手術をお考えの方や完全に治したい方は形成外科を訪れると良いでしょう。
また、手術経験が豊富な医師が多く在籍しているので安心です。

形成外科は、主に皮膚や身体の浅い表面の治療を行なう診療科です。
火傷やケガ、痣(あざ)や腫瘍の切除、また先天性の口唇裂、口蓋裂などの手術も行ないます。
乳癌で切除された乳房の形成手術も専門分野です。

当然わきがの治療や手術も行ないますので、まずは形成外科を訪れてみてはいかがでしょうか。
ただし、保険の適用が可能かどうかをしっかりと確認や相談することが大切です。

美容外科によるわきが治療と手術

美容外科(美容整形外科)

容姿・容貌を美しくするための手術などを行う診療科で、美容目的の形成外科とも言えます。
二重まぶた、口や鼻の美容形成、豊胸や脂肪吸引、シワ取り、脱毛などを専門的に行います。
わきがや多汗症の治療や手術を専門としているクリニックも多くあります。

専門クリニックなので、注射や注入、レーザー治療、摘出手術などいろんな医療技術が揃っていますので、症状の程度に合わせた治療方法が見つかるはずです。
また、専門で行なっているので症例数も多いので医師の手術経験も豊富だと思われます。
ただし、技術力や評判についてはネットなどでよく確認した上で訪れるようにしましょう。
また、治療費や手術に関する保険適用の可否もHPなどで確認することをお忘れずに!

整形外科

主に身体の運動に関する治療を行なう診療科です。捻挫、骨折、脱臼、肩こりや腰痛、筋肉痛などの治療やリハビリを行なっています。

また一部では、腫瘍(腫れもの・できもの)など皮膚の疾患も扱います。
ただし、ほとんどの整形外科ではワキガ治療を扱うことはまず無いと言えるでしょう。

わきが治療の診療科のまとめ

それぞれの診療科の内容を簡単にまとめると以下のようになります。

  わきが治療
皮膚科 ・薬による保守的治療を推奨
・手術はほとんど行わない
・塗り薬・飲み薬などで本人によるケア
・腋臭症かどうかの診断と治療
形成外科 ・一般的な治療や手術を行なう一環としてワキガ治療も行なう
・様々な疾患の手術をするため医師の手術経験が豊富
・腋臭症かどうかの診断と治療や手術
美容外科
(美容整形外科)
・腋臭症や多汗症を専門とするクリニックも多い
・注射・注入、レーザー治療、摘出手術など多様な医療技術が揃う
・専門性が高いため症例数が多く医師の手術経験も豊富
・腋臭症かどうかの診断と治療や手術
整形外科 ・捻挫、骨折、肩こり、筋肉痛、スポーツ医療などがメイン
・わきが治療や手術はほとんど行わない

腋臭症や多汗症の手術には様々な方法があります。

軽度の方ならボトックスやボツリヌストキシンの注射・注入。
軽・中度の方なら、切らないシェービング法というレーザー治療。
重度の方にはアポクリン汗腺を完全に取り除く剪除法(せんじょほう)や吸引法。
また、重度でも切らないミラドライというマイクロウェーブ法もあります。

それぞれの治療方法により金額が大きく変わってきますし、施術時間や完治までの時間(ダウンタイム)も違ってきます。

わきがの手術方法についてはこちらのページで詳しく紹介しています。

>> 色々あるワキガ手術方法!症状や費用に合わせた選び方

 

わきが手術で保険適用となる条件は?

わきが手術と健康保険証

腋臭症で手術をお考えの場合、医療保険適用の可否が非常に気になるところですよね。
わきが治療は、ボトックス注射やレーザー治療、そしてアポクリン汗腺の除去手術など様々な方法があります。
そのため治療費もピンキリで、注射・注入法なら1回数万円で済みますが、除去手術ともなれば30万円以上にもなってしまいます。

これらは保険の効かない「自由診療」ですので全て実費で払うこととなります。
しかし、高額な手術であっても保険が適用されれば2~3万円程度で済んでしまいます。

実費と保険、この差は非常に大きいですよね。

この保険の適用が効くかどうかは、病院やクリニックによって違ってきますので事前に確認しておく必要があります。

保険適用かどうかを確認するには?

まず、基本的に保険の適用が認められるものは病気やケガです。
現在では、わきがも病気と認められているので条件を満たせば保険が適用されます。
ただし、すべての病院で保険が適用されるわけではないのが厄介なところです。

まず、腋臭症の保険適用の基準となる条件は以下のとおりです。

  • その病院が保険診療を可能としているかどうか?
  • 診察結果で腋臭症と認められるかどうか?
  • 保険適用が認められる手術方法かどうか?

ここで一番問題となるのは、「病院が保険診療を可能としているかどうか?」という点です。
実はワキガの手術は採算が合わないのが実情です。
手術に手間や時間がかかる割には診療報酬が少ないとして保険診療をしない病院やクリニックが多くあります。
あくまでも病院側の経営上の問題ですが、高額な治療費となる自由診療にしている病院が多いのも実情です。

わきが手術の病院やクリニックを選ぶ時には、その病院が保険診療を行なっているのかどうかをよく確認するようにしましょう。

わきが手術の保険適用の基準には、他にも「腋臭症と診断されるか?」、「保険適用される手術方法か?」っといった項目があります。

より詳しい内容は下記のページで紹介していますのでそちらもぜひご覧下さい。

>> わきが手術で保険適用される条件や基準とは?

美容外科クリニックの治療内容は?

全国にワキガ治療を行なう美容外科はたくさんありますが、クリニックにより治療内容もさまざまです。
それは、わきがの治療にはとてもたくさんの施術方法があるからなんです。

・症状が軽度の場合:ボトックスやボツリヌストキシンの注射・注入
・症状が軽・中度の場合:切らないレーザー治療(シェービング法)
・症状が重度の場合:アポクリン汗腺を完全除去する(剪除法、吸引法)
・症状が重度の場合:切らずに除去するミラドライ(マイクロウェーブ法)。

これらは一例ですが、まだまだクリニックによっては色んな施術方法があります。

わきが対策の最終方法アポクリン汗腺の除去手術

 

では、美容外科の診療内容を知りたいといった場合、どうしたら確認できるのでしょう?
そういった場合には、やはり気になるクリニックのHPを見るのが一番わかり易いと思います。
大抵のクリニックであれば自身のHPを開設しているでしょうし、ワキガ治療の内容や施術方法なども載せているはずです。

TVCMを流しているような大きなクリニックであれば当然ですが、地元のどんな小さなクリニックでもHPはあるでしょう。
お近くの色んなクリニックをチェックして、治療費や手術代、施術方法や手術時間、そして保険適用の可否など様々な項目を比べてみてはいかがでしょう?

ちなみに、下記に東京都市部近郊にある有名クリニックを参考までに紹介しておきます.
それぞれのHPでどういった内容の治療方法があるのかをぜひ確認してみて下さい。

おすすめ!わきが専門クリニック
湘南美容外科
クリニック
池袋サンシャイン
美容外科
東京美容外科

TVCMでも有名な全国に72院を展開する美容外科です。きっと近隣で医院が見つかります。ボトックス注射をはじめ切らないミラドライから切開手術まで多様に対応。
安心の補償制度を完備

詳しくはこちら

1度の施術で悩み解消!汗腺除去で根本解決します。1時間の日帰り手術で入院も不要。料金も保険適用で片ワキ2万円程度と負担も最小限ですみます。
完全個室、完全予約制

詳しくはこちら

ボトックス注射・吸引法・ミラドライ・切開手術など様々な治療方法が受けられます。無料カウンセリングで症状に合わせた解消法を相談できるので安心。
Webカウンセリング・LINE予約

詳しくはこちら

ガーデンクリニック 川崎中央クリニック 東京プラチナム
クリニック

東京・横浜・名古屋・大阪・福岡など全国展開。症状に合わせた多様な治療方法を用意。最新治療のビューホットなら切らずに20分で悩みが解消します。
カウンセリング・無料メール相談

詳しくはこちら

切らない治療法「ウルセラドライ」を導入。少ない回数で効果が実感でき費用も抑えられます。チチガやすそわきがにも対応。その他、各種施術方法も実施。
無料カウンセリング・メール相談

詳しくはこちら

東京プラチナムクリニック

渋谷駅徒歩1分の美容皮膚科。ミラドライ症例数年間300件以上。日帰りでの治療が可能で、腕の固定や通院処置などの必要がないミラドライ治療を推奨するクリニックです。
体験モニター募集中!

詳しくはこちら

こちらのページも参考にどうぞ!

>> 色々あるワキガ手術方法!症状や費用に合わせた選び方

 

まとめ

わきが、脇の臭い、多汗症などでお悩みの方は何科の病院で診てもらったら良いのかよく分からないことでしょう。

ワキガの治療を行なってくれる診療科はいくつかありますが、主に診てもらえるのは「形成外科」と「美容外科」です。
「皮膚科」でも診てもらえますが手術よりも保守的治療を薦められます。
「不安なので相談したい」、「とりあえず腋臭症かどうか知りたい」など、初めて行かれる方に向いています。

逆に、自覚症状があり症状の程度にかかわらず専門治療を受けたい方や手術を受けたい方は「形成外科」や「美容外科」を訪れましょう。
特に「美容外科」はわきが専門としているクリニックが多くありますので、医療機器なども揃っていてオススメです。
症例実績が多いところであれば医師の経験も豊富なので、そういったクリニックを選ぶと安心できるでしょう。

ただし、どのクリニックに行くにしても保険適用の可否をしっかりと確認しておくことをお勧めします。
保険適用でない場合、手術となるとかなり高額な負担となりますので、「自由診療」で実費で払っても良いのか納得した上で訪問するようにしましょう。

また、クリニックによっては症状や予算に合わせて治療方法を選択できますし、それに、切るのが嫌な人のために「ミラドライ」という切らないレーザー治療法もあります。
希望するクリニックでどのような治療方法が可能なのかを十分に確認して訪問するようにしましょう。

いずれにしても、初めての時は不安なものです。
あれこれと悩む前に、一度病院やクリニックでしっかりと相談してみてはいかがでしょうか?
治療を始めるのはそれからでも遅くありませんよ。

最近の投稿

コメントは受け付けていません。